髭脱毛用語集

硬毛化とは?|髭脱毛の用語

投稿日:

硬毛化とは、レーザー脱毛や光脱毛などの施術を受けたときに、以前よりも黒く太い毛が生えてくる現象のことです。

脱毛しきれなかった細い毛や産毛が変化したものなので、何もなかったところに突然毛が生えたようにみえます。

硬毛化の原因

硬毛化の原因は、脱毛で使用する装置が発生する熱です。

レーザー脱毛や光脱毛はレーザーや光によって毛に熱を集めさせて抜き取りやすい状態にします。

毛が太いほど表面積が大きくなるので、弱い光であっても効率よく熱量を集めるようになり簡単に抜くことができます。

細い毛の場合は表面積が小さいので、熱量があまり集まらず抜くことができません。

それどころか弱い熱量が毛に集まることにより、かえって毛根の働きが活性化してしまい、結果として黒く太い毛が生まれてしまいます。

硬毛化は細い毛が太くなるだけなので、脱毛したかった太い毛はしっかりと抜けています。

弱い熱量が硬毛化の原因ということは、レーザー脱毛より光脱毛のほうが硬毛化になりやすいとも考えられますね。

硬毛化が起こりやすい部位

硬毛化が起こりやすい部位はある程度決まっており、背中や二の腕、耳の周りは現象が発生しやすいです。

これらに共通しているのは産毛や細い毛が多いところであり、脱毛するときは気をつけてください。

逆に硬毛化が発生しにくい箇所はワキの下やスネ、髭などにすでに黒く太い毛が多いところになります。

また、発生しやすい部位であっても脱毛すれば必ず硬毛化するわけではありません。

わたしがゴリラクリニックでカウンセリングを受けた時も、医師から「髭脱毛は硬毛化のリスクはあまり考えなくてよいです」とアドバイスされました。

硬毛化になってしまった時の対策は2つ

再度レーザー脱毛を受ける

1つ目が「再度レーザー脱毛や光脱毛を受ける」という方法です。

細い毛に熱が残ったことにより黒く太い毛になったので、もう一度施術をすれば太い毛に大量の熱が集まり簡単に抜けるようになります。

脱毛機を変える

2つ目の方法は「脱毛機の波長を変える」ことです。

装置の波長と体質がかみ合ったときに発生することが多いので、お店の人に装置の波長を変えてもらったり、違う装置でおこなうように頼んでみてください。

硬毛化と髭脱毛について

硬毛化は髭脱毛とあまり関係性はない

硬毛化が起きるとしたら、うぶ毛など細い毛に弱いレーザーを与えた場合です。

すでに太くて濃い毛である髭には、それほど硬毛化を気にする必要はありません。

実際に医師から同様の答えをいただいているので、髭脱毛のリスクとして硬毛化はそれほど重篤なものではありませんので、ご安心ください。

髭が濃くて目立っている時点で、硬毛化しているようなものですね。

よく読まれた人気記事ランキング

1

ヒゲ脱毛業界で知名度の高いの湘南美容クリニックが、2017年10月にヒゲ脱毛料金の価格改定をしました ...

2

髭脱毛は痛いか?痛くないか?と聞かれたら、間違いなく痛いと答えます。 わたしがはじめて髭脱毛したとき ...

3

ヤグレーザー|ジェントルヤグ ヤグレーザー(ロングパルスYAGレーザー)とは、医療レーザー脱毛で使用 ...

-髭脱毛用語集

Copyright© 髭脱毛のすゝめ , 2019 All Rights Reserved.